ひよこ組のブログ(0歳児)

体操教室

2021年2月16日

コロナ禍の感染拡大防止のため休んでいた体操教室が再開されました。どの子も心待ちにしていて笑顔満開でスタートしました。

3歳児きりん組は講師との久しぶりの会話でリラックスムードのなか準備体操が始まりました。最初のゲームは2チーム11人ずつに分かれて列になり向き合います。先頭の子からに順に相手チームのゴムフープまで行って戻ってくるゲームです。手にしているマーカーコーンはバトン代わりとなり走り終えると次の子にバトンタッチ!相手チームと向かいあっているためぶつからないようよけながら相手チームのゴムフープまで行き足でタッチして(踏んで)戻ってきます。慣れてくるとスピードが増し、よけかたも上手になっていきました!様子を見ながらマーカーコーンを増やし最終的に3つで行ってみると大成功!混乱なくゲームを楽しんでいました!

次は、跳び箱の前の踏切板でジャンプして立ち上がり着地するもの、前転、鉄棒の逆上がり、ラバーラインを足をグーパーして渡るものの4種目に挑戦しました。  

 

4歳児ぱんだ組も3歳児同様カラーコーンを使ったゲームを行いました。ぶつからないようにバトンを渡してスピードを楽しんでいました。ルールを理解すると最短距離でぶつからずに行こうとする真剣な表情がみられました。次の種目も3歳児同様4つの種目に挑戦!自分の挑戦したいところへ行き試したいところを何度も挑戦していました。
 
年長児5歳児も3,4歳児同様にラバーコーンをバトンにしてゲームを行いました。年長児は4チームに分かれて4方向からクロスするように走るため更に ぶつからないよう注意しながらも早くバトンを渡そうと真剣な表情で走っていました。その後3,4歳児  同様4種の種目に挑戦!跳び箱のところはしっかり踏み切り、腕の力で立ち上がっていました。年長児はラバーラインの種目に替わり踏切板を踏切り、ソフト積み木のところで手を叩いて着地します。徐々にコツをつかむとリズムよく跳び超え、手を叩き、着地ができるようになっていきました。鉄棒も腕をしっかり引き寄せ逆上がりに挑戦していました。 2月10日  保育士T

Category /  お知らせ

page top